理想的なデザイナーズハウスとは

理想的なデザイナーズハウスとは、単に見た目が凝っていてアーティスティックな雰囲気を感じさせるだけではなく、住宅である以上、住む人にとって心地よい我が家であるかどうかが重要となります。住宅にとっての理想的なデザインは、日常生活を送る上で使い勝手が良く、耐震性など安全面に優れているかどうかや、長い年月安心して住むことができる耐久性の高さなどの条件をクリアしてこそ、優れたデザイナーズハウスとなります。目を惹く外観で、スタイリッシュな雰囲気であっても、窓が開け閉めしにくい位置にあったり、どこかに不具合が出たときに一般的な製品と代替できず、特注品になってしまうなど、住み続ける上で負担が多くなっては、せっかくの素晴らしいデザインも見た目だけとなってしまいます。

優れた耐震性や省エネへの配慮もポイント

デザイナーズハウスと呼ばれる住宅の中には、凝ったデザイン優先で、災害への備えにやや弱いタイプも見られます。各地で地震が起こりやすくなっている昨今、耐震性の高さがより重要になって来ています。優れた建築家は、耐震性に配慮しつつ、それをデザインに生かす設計を行います。シンプルで安定感のある外観が、クールなデザインとして反映されている住宅もあります。エコや節約の観点から、省エネ性に配慮されているかどうかも重要ポイントになります。太陽光発電パネルなどもデザインの一環に取り入れ、採光や通気性にもこだわって、照明やエアコンの使用を極力抑えられるような構造も、魅力的なデザインとして反映されます。機能性の高さが、そのまま魅力的な外観につながるところにも、デザイナーズの名を冠するにふさわしい住宅と言えます。

定められた条件下でも際立つ魅力

オフィスや住宅がひしめく大都市では、限られた敷地を最大限に生かして住宅を建てることが求められます。狭さや小ささを感じさせない住宅に仕上げる上でも、デザインが重要になってきます。狭い土地に住宅を建てると、居住空間を縦方向に確保する必要があることから、それぞれの部屋を広くするために、収納スペースや階段などが狭くなりがちです。長く生活する上で不便になってしまう面をも解決しつつ、外観や居住空間の見栄えを良くするという難しい課題をクリアしてこそ、都市ならではの住み心地の良い住宅となります。優れた機能美がそのまま外観の魅力につながり、細部への工夫やこだわりが住む人の生活の質を高め、高い耐久性・耐震性など深い安心感を持って住み続けられる住宅こそ、真に理想的なデザイナーズハウスとなります。