デザイナーズハウスの魅力をご紹介

デザイナーズハウスは、なぜ注文住宅を建てたいのかを考えればよく分かります。大手プレハブメーカーの家も注文住宅です。規格に沿って作られていますから変更可能な部分は少なく建物に個性を出すことは難しいです。一方、こだわりを持った建築家が設計した家があります。特にデザイン性に優れた個性ある建物を建てたい人は、要望をかなえてくれる建築士に依頼することをおすすめします。自由な設計ができることが魅力です。家は、夢や理想を実現するために建てます。建売住宅やハウスメーカーの規格品では叶えることができなかった家を、設計から施工まで請け負ってくれる業者を選ぶことです。理想は居心地の良い家族が自然に集まってくるような家です。ライフスタイルを考えた住まいをつくるためにはどうすればいいのでしょうか。

デザイナーズハウスを選ぶメリットは

家づくりは、ライフスタイルを考えて「かっこいい家」を建てるのが理想です。ただし、その通りにならないのが家づくりでもあります。細部にこだわりを出したいと思うとオプションの料金が加算されます。デザイナーハウスは、最初から設計士がどんな家を建てたいのかを何度も打ち合わせします。お互いに納得した設計に基づいて家を建てることができます。建築士に依頼するメリットとしては、独自の設計のポリシーを持っていることです。できないデザインは使い勝手が悪いとアドバイスしてくれます。規格の注文住宅は、無駄な部分にお金をかけている部分があります。専門家ならではのチェックが可能になります。敷地にあった、環境にあったデザインがあります。お客様の要望とこれらの要素を付け合わせて、建築家目線でのアドバイスを受けることができます。

経費面で考えたデザイナーハウスの良い点

理想の家を建てたいのはわかりますが、予算面でそれを可能にすることができるのでしょうか。実は、デザイナーズハウスは、意外に経費が掛かりません。理由としては、建売住宅の場合には、販売コストが上乗せされています。当然、長い期間売れ残った場合のリスクを計算して値段設定がされています。ハウスメーカーの規格住宅も、販売コストと無駄な設計でコストをアップさせています。建築士に設計を依頼すると、建築工法に合った建て方をするのでコストを抑えることができます。しかも設計事務所と提携した建築業者がお客様の意向を取り込んで施工をしてくれます。敷地にあった建物を考えデザインを重視してくれます。だから「かっこいい家」ができるのです。自由な設計こそ、デザイナーハウスを取り入れる魅力です。二所帯で生活できる設計の家、音楽や趣味の部屋が確保できる家、ペットを自由に飼える家など好みの家を建てることができます。