チェックしたいデザイナーズハウスのポイント

自分たちだけの特別な家に住みたいと思うのは多くの家族の願いでもあります。その為、デザイナーズハウスと言われるとそれだけでも何だか素敵な家に見えてくるのではないでしょうか。今のところ厳密な定義はされていない状態なので、良さそうだという思い込みだけではなくきちんと間取りを見に出かけましょう。デザイナーズと銘打っているだけあって、どちらかと言うと価格も高くなりがちです。他にはない家だからと言って契約をして実際に住んでみると、使い勝手が悪くて住みにくいということもよくある話です。よくよく探すといろんな物件に「デザイナーズ」と冠していたりすることもあるので、見た目やイメージだけにとらわれず自分たちの家族構成に合った生活ができる間取りや設備なのかをチェックしましょう。

メリットとデメリットを理解しよう

デザイナーズハウスと聞くとそれだけでもお洒落で洗練された、コンクリート打ちっぱなしのスタイリッシュな家をイメージしてしまうでしょう。けれども、住んでみると冷えやすかったりする事もありますから、実際に見学に行く事が重要です。このタイプの家のメリットとしては、デザイナーである建築家としっかり相談をしながら立てられるので、狭小地などややこしい土地でも対応がしやすい点が挙げられます。自分たちだけのオリジナルの家を作りたいという方にもおすすめです。デメリットももちろんあるのですが、打ち合わせに時間をかけるのでその分家が手に入るまでに時間がかかってしまう事です。また、合うデザイナーかどうかという事も重要なポイントなので、いろんなデザインの家を見て依頼をする方を吟味していきましょう。

デザイン性と機能性は両立するのか

目を引くデザイナーズハウスという単語ですが、出かけてみてみればそれほど一般の住宅とあまり変わらなくて拍子抜けする事もあるのではないでしょうか。名だたる建築家の家であるとか、そういったようなところはあまり見受けられずに似たような物件ばかりを見て歩く事になることもあります。気に入るデザインであれば長く住みたい、大切にしようと愛着も湧く家となりますが、だからと言って日々の生活がしにくい、機能性が低い家になってしまうと結局のところは満足度が低い家になってしまいます。デザイナーと相談しながらであっても100%完璧な家作りをすることは難しいですから、実現できる予算であるかどうかや、ライフスタイルに合っているかも考えた上で、理想に近づけていけるような家を作りましょう。